格安スマホは安い?


スマートフォンに内蔵されたSIMカードを差し替え、格安サービスを提供する通信会社に乗り換えようと思いますよね。

利用の仕方によっては月額料金が半額以下となったりするので通信費をもっと抑えたい人には格安SIMは魅力的です。

 

なぜ安いかというと、通信会社がドコモなど大手携帯会社の回線を借り、店舗も置かないなど、低コストで事業運営しているためです。

 

これら通信会社のスマホ月額料金は、一定量までのデータ通信ができ、通話抜きの平均的なプランで1500〜2000円と破格な料金です。
携帯大手だと6000〜8000円(定額通話料などを含む)しますがそれに比べると、通話料次第ですが大幅に安くなります。

 

ただ、デメリットもあるのが正直なところ。料金は魅力ですが、設定は自分で行う必要があります。

 

スマホの端末は、基本情報が記録されたSIMカードを差し替えることで、他社のサービスを受ける端末に変えることができるのはご存知ですよね。
ですが、NTTドコモなどの携帯大手の端末は、自社回線しか使えないように「SIMロック」がされています。
この「SIMロック」では他社のカードは使えません。

 

 

そこで総務省は利用者が通信サービスを乗り換えやすいように、2015年5月以降に発売された機種は、購入から半年がすれば、希望者のロック解除に応じることを義務化しました。
大手携帯会社は、機種によって5月以前の発売でも解除に応じるようになりました。
格安サービスを提供する通信会社のSIMカードが「格安SIM」です。

 

通話をあまりしない人なら乗り換えた方が安くなる。家族間の通話が中心のシニアや主婦らの間に関心が高まっているようです。

 

 

>おすすめの格安スマホのページに戻る