電話番号は変えたくないという方へ

電話番号を変えたくない

 

 

格安スマホでも、MNPはできるんですか?

電話番号を変えたくない

(参照:楽天モバイルより)

電話番号は変えたくない場合にはMNP(ナンバーポータビリティ)で今の電話番号を引き継ぐことができます。
(MNPとは、モバイルナンバーポータビリティの略で、今の携帯電話の番号を変えることなくそのままの番号で新しい携帯電話に乗り換えることを言います。)

 

MNPは大手3社のケータイだけではなく、MVNOサービスにも対応しています。

 

【格安SIMに乗り換える手順】
1、乗り換える先の格安SIMを決める
2、今の契約元でMNP予約番号を発行する
3、契約先へのMNPの手続きをします。
4、新しいSIMカードを受け取り、SIMをセットする

 

1、乗り換える先の格安SIMを決める
一番下におすすめの格安SIM会社を掲載しましたのでご参考ください。
2、乗り換えの手続きをします。
ドコモ、au、ソフトバンクは、MNP手数料として2,000〜3,000円が発生します。
3、MNPを予約したら、次は格安SIMを契約する手続きを行います。
必要なもの
「MNP予約番号」
「本人名義のクレジットカード」
「運転免許証などの本人確認書類」
契約先によってはGmailなどの「メールアドレス」もあらかじめ発行しておいたほうがいいでしょう。
Gmailの取得方法はネットの検索で「Gmailアドレスの作り方」などと検索すればすぐに出てきますので時間がある時に作ってみてください。2,3分で取得できます。

MNPの手続きについて

MNPの手続きは意外と手間ではありません。今現在契約している携帯会社で、MNP予約番号を発行してもらうことからスタートです。
発行するだけでは解約になりませんのでその点はご安心ください。
解約は、移行先の格安スマホ会社で申し込みを行う際、MNP予約番号を伝え、新しいケータイの契約が成立した時点で解約になります。

 

電話番号を変えたくない

どの会社でもMNP転出費用がかかります。(出典:楽天モバイルより)

 

MNP予約番号は電話からの予約やウェブ上でも発行できます。

 

AU
<ケータイの画面から予約>
「my docomo」にログインして、「MNP予約」を選択するだけでOKです。(MNP予約番号の有効期間が15日間です。発行後はお早めに手続きしましょう。)
(24時間受付)
<ケータイから>151
<一般電話から>0120-800-000
受付時間:9:00〜20:00

 

AU
<ケータイの画面から予約>
Yahoo!ケータイ→My SoftBank→各種更新手続き→MNP予約関連手続き
(iPhone、スマートフォンの方は利用できません)
(受付時間:9:00〜21:30)
<ケータイから>
*5533
<一般電話から>
0800-100-5533
受付時間:9:00〜20:00

 

AU
<ケータイの画面から予約>
EZキー ボタン→トップメニューまたはauポータルトップ→auお客さまサポート→申し込む / 変更する→au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)
(iPhone、スマートフォンの方は利用できません)
(受付時間:9:00〜21:30)
<ケータイ/一般電話から>
0077-75470
(受付時間:9:00〜20:00)

 

MNP予約番号が発行されれば、移行先会社のサイト上で手続きが可能です。

 

MNP予約番号を事前に取得しておけば、オンラインで申し込みOKです。
大抵の場合は、料金プランやMNPの転入を選択→MNP予約番号を入力で、SIMカードの発行手続きをすることができます。

 

↓ブックマークしておくと後から見るのに便利です↓

でも色んなプランがある。一体どのくらいのデータ量がいいの?

 

格安スマホにしても電話番号を変えずに利用料を抑えたいという方も多いですよね。
格安スマホは使用容量によって料金が違います。もちろんデータ容量が多い方が月額料金は高くなります。
でも、どのくらいのデータ容量がいいのか分からない!という人もいますよね。

 

mm

 

MM総研の調査によると、大手携帯電話会社の約54%のユーザーが月3ギガ以下の通信量とのことです。

 

スマホ代を節約する目的で格安SIMに乗り換えたいのであれば月2〜3ギガの音声通話プランがおすすめです。

 

音声通話プランは、480〜900円といった月額の基本料金の他に700円程度料金が増えるのが大体の相場です↓

音声プラン

 

【月2〜3ギガでの料金比較してみました】
月2,3ギガで比較してみました。これに音声対応のSIMが700円程度かかりますので、以下の月額の他に音声SIM分が増えるとみておいたほうが良いでしょう。

 

  データ容量(月) 月額料金 特徴

楽天モバイル

通話SIM

3.1GB

1,600円

支払いや楽天市場での買い物でポイントの付与や優遇がある

DMMモバイルシングルコース

(通話SIMプラン)

3GB

1,500円

多くのプランと業界最安値をうたった安い料金設定

イオンモバイル(音声プラン)

2GB

1,380円

契約期間の縛りなし!ただし180日以内のMNP転出時は手数料が高い

mineo

デュアルタイプ

3GB

1,600円

格安SIMで一般的な直近3日間の通信量に応じた速度制限がない

IIJmioみおふぉん

(ミニマムスタートプラン)

3GB

1,600円

通信品質に定評のある大手事業者。付帯サービスも充実しる。

 

080/090だけでなく、070の電話番号を引き継ぐこともできるのです。

 

090/080の番号で音声通話ができる格安スマホでしたら携帯の番号の移行が可能です。しかしIP電話には移行することができません。IP電話は050から始まる番号のことです。

 

格安スマホはMNPができるので今の電話番号をそのまま使えます。
格安スマホは、各通信会社ともMVNOサービスに対応しています。

 

しかし、ここで注意しておかないといけないのは、電話番号はMNPで引き継げますが、携帯電話固有のメールアドレス(ezweb.ne.jpやdocomo.ne.jp、softbank.ne.jp)を引き継ぐことはできません。

 

MNPで電話番号を移行する際に、SIMカードが届くまで時間がかかりますよね。その間は電話が使えなくなるんですか?MNPが成立した時点で解約となりますので、SIMカードが届くまではお電話のご利用はできなくなります。

MNPで、今の電話番号がそのままOKです

先に紹介した楽天モバイルや、以下のマイネオ、DMMモバイルなど多くの会社でMNPで他社に移行しても同じ電話番号を使い続けることができますのでご安心くださいね。

(出典:楽天モバイルより)

電話番号を変えたくない

(出典:DMMモバイルより)

電話番号を変えたくない

(出典:mineoより)

 

>おすすめのプランはこちら

 

 

>トップページに戻る